http://trefle.jugem.cc/
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

中国 上海・蘇州の旅 1日目

今年の春旅行は中国に行ってきました。
去年パスポート更新したし、せっかくだし使わなきゃってことで。

お昼過ぎに出発したのですが、予想外なことに機内食が出てきた!
ツアーの日程表では昼食なしになってたから関空でしっかり食べたんですがね・・・。
それでも一応食べておきましたが。

2時間弱で上海浦東国際空港に到着。
国際線到着ゲートは出迎えの人でいっぱいでした。

リニアモーターカー乗り場へ移動。上海市内へ向かいます。

中国では「磁浮」。なるほどなネーミング。
飛行機と同じように、X線による荷物検査があります。
ホームも、車内も、高級感があります。とってもキレイ。


最高速度は431km/h。
時間帯により最高速度が制限されるらしいですが、運よくmax時速を体感できました! 約30kmを8分で走るらしい。本当にあっという間で、電工掲示板の速度を激写してたら到着。景色なんて見てません。

そして2時間ほどバスに乗り、蘇州へ。

到着したころにはちょうど夕食時。中国で初めての食事は蘇州料理です。

蘇州の名物である松鼠桂魚やおこげ料理、野菜炒め他などなど・・・。
手前のなんて素材がなんなんのかわかりませんが。
味は・・・う〜ん・・・予想してたけど日本の中華とはまったく違います。


東洋のベニスと呼ばれる蘇州。食後は蘇州運河ナイトクルーズに出かけました。

橋の下を通り抜けるところ。こんなところにも装飾が。


きらびやかにライトアップされています。超ハデハデ!
中国はどこもかしこもライトアップが大好きなようです。電気代凄そうだなー。

そして楽しみにしていた山塘街へ。
この幻想的な雰囲気を体験したかった!
さっきまでの派手な感じから一転落ち着いて、提灯の柔らかな明かりが辺りを照らしています。



しかしですね、ツアーなので・・・。
途中のお店などにも立ち寄ってみたかったのにさっさと通り過ぎるだけなのが悲しい・・・。
もうちょっとゆっくりしたかったなぁ。

それにしても寒かった! この日は日本も結構寒い日だったみたいですが、久々に手がかじかみました・・・。

2日目につづく。

飛騨高山〜白川郷

2日目。



チェックアウト後、高山にあるパン屋さん、TRAIN BLEUに向かいました。
開店と同時くらいに着いたのですが、次々にお客さんが入ってきてました。
デニッシュ系が美味しく有名だということなので、クロワッサンを購入。
サクサクの生地が美味しくて、朝食をガッツリ食べたにもかかわらずペロリと食べてしまいました。

その後、さんまちを散策。


すでに観光客で大賑わい。お土産屋さんを覗きながら食べ歩き。
飛騨牛の握りや、飛騨牛カレーコロッケなども食べましたが、どこらへんが飛騨牛なのかはわかりませんでした・・・。

さんまち巡りもそこそこに、白川郷へは高速で向かったのですが、方向を間違え荘川の方へ・・・。
ちょうどお昼時ということもあって、手打ちそばを食べました。

このころから心配していた雨が降り出し・・・

白川郷へ到着。

あまり時間もなかったので、集落をゆっくりと歩くことはできませんでしたが、中でも有名な和田家を見学してきました。


和田家の2階です。太い柱が力強くならんでいます。

そして世界遺産に登録された合掌造りの集落を見下ろせる展望台へ・・・。

集落全体が目に入ってきた時はちょっと鳥肌物でした。

2日目はあまり時間に余裕がなく、もうちょっとゆっくり観光したかったなぁという感じでしたが。。。

下呂〜飛騨高山

週末、久々旅行へ。飛騨高山まで行ってきました。

ちょうど新型インフルエンザが蔓延中とあって、大阪のサービスエリアには立ち寄らず、お昼ご飯は養老で食べました。
味噌味って味噌汁以外は苦手があったのですが、名古屋名物の味噌カツがかなり美味しかったです!

岐阜に入ってまず立ち寄ったのは、郡上八幡にある 美山鍾乳洞

入ると、さすが鍾乳洞です。いきなりひんやりと寒い。
ここは世界でも珍しい縦穴の鍾乳洞だそうです。

階段が多く、もちろん足元は濡れているので滑らないよう注意が必要です。そして頭上も注意です。

入った時は寒く感じた鍾乳洞内でしたが、出口を出るときには汗だく。
そのくらい、とにかくアップダウンが激しいです。

鍾乳洞を出ると、綺麗な景色が広がっていました。遠くには御岳山が見えます。
次は下呂温泉に向かいました。
行ったのは、クアガーデン露天風呂。内湯はなく露天のみの温泉施設でした。
温泉に入るためだけに立ち寄ったので下呂にいたのはあっという間でしたが・・・。
鍾乳洞での疲れも軽くほぐれました。

そして宿泊先の高山へ。

お宿は翌檜旅館です。


純和風な造りで、入り口を入るとそこには囲炉裏があって、雰囲気もGOOD。
この宿は外国のお客さんが多いらしく、私達は久しぶりの日本人客だそうで・・・。


食事で出てきた合掌造りの容器。
飛騨牛のお刺身やステーキ、他にも数々の料理が沢山で、ボリュームも満点で美味しかったです。

お風呂が温泉でないのがちょっと残念ですが、この日のお客さんが外国人ばかりだということもあってか、貸切状態でゆったり入れました。

秋といえば・・・
芸術の秋ですね。
ちょっと知的に大塚国際美術館に行って来ました。

の前に・・・

やっぱり腹ごしらえですね! だって食欲の秋です。

カレーランチを予定でしたが、たどり着くまでに小腹が減ったので、 津田の松原SAに立ち寄り「あなぶき屋」にて讃岐うどんを。

やっぱり香川に来たらうどんははずせませんよね。
天ぷらなどトッピングできますが、次のランチを考えてトッピングはなし。
セルフサービスで自分でめんを温めたり、つゆを入れたりするのが楽しいです。


メインランチは、高松市にあるパキスタン&インド料理 チシティというお店に。
本格的なインドカレーが食べられるようです。
オーダーしたのは、マトンカレー&ナン。

ナンが運ばれてきましたが・・・で、でかすぎ!
写真ではわかりづらいですが、テニスラケットぐらいはありそう。
食べる前に圧倒されてしまいました・・・。

ナンはバターが効いて甘く、カレーは程よくピリッと辛味が効いて美味しいです。

しかし・・・あまりの量に私には完食できず・・・(友人は皆完食!!)


食欲も満たしたところで、大塚国際美術館に向かいました。
 
この美術館では、世界中の有名な名画などが原寸大の大きさで観賞できます。
鳴門海峡の砂を使った陶板に絵画を焼き付けたレプリカですが、これが約2000年以上も退色劣化することなく、後世に残すことが出来るらしいのです。

B3〜2Fに展示された美術品は約1000点。


「これ、美術の教科書に載ってたなぁ」なんて思い出しつつ・・・。
そんな中でも印象深かったものは・・・。
 
『真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)』 フェルメール、ヤン
光の使い方がすばらしく、少女が瑞々しく美しい。
 
『スクロヴェーニ礼拝堂壁画』 ジョット
星空のようなきれいな天井画を見上げてまったり。癒しの空間です。

ゴヤの『黒い絵』は、不気味すぎて写真に撮るのも躊躇しました。
これらの絵を、自身が住む家の壁に描いたというから、さらに驚きます。こんなの家にあったら心が休まりませんよ・・・。

あとは、

『受胎告知』 マルティーニ、シモーネ 
これは受胎告知のシーンですが、ものっっすごいにらみ合ってない?(笑)

とにかくたくさんありすぎて、途中からは駆け足観賞になってしまいました。
絵の解説をじっくり読んでいる余裕もなく、後から見返すと「これは誰の作品だっけ?」っていうものも・・・(笑)


そんな感じでの観賞でしたが、名画が沢山で満腹感でいっぱい、そしてカレーでお腹もいっぱいな旅でした。
浴衣で貴船・川床料理
貴船の川床に行ってきました。
貴船荘の、せせらぎと浴衣ぷらん。川床で食事+選んだ浴衣セットを持って帰れるお得なプランです。

まずは早速浴衣選び。そして帯・巾着・下駄を選んで着付け開始です。
着付けを自分でやったことはなく、でも誰か出来るだろうと人任せに考えて、何も下準備しなかった私。一緒の部屋で着替えていた他のお客さんや、ネットの動画で予習したというcharityさんに助けてもらって無事着付け完了。ありがとう!
(もちろん、追加料金を払えばちゃんと着付けしてくれます)

そして道向かいの川床へ。水音が凄いです。
滝があり川の上に床を作っているだけあって、なかなか涼しく快適。

川床料理はこんな感じで。


食事の後は、近くの貴船神社へ。

階段しんどそう〜。

七夕前日ということもあり、笹にはカラフルな短冊がたくさん。

私もささやかなお願いごとを。
短冊、切実なのからこんなのお願いするの?なんてものまで様々で結構面白いです(笑)

そして水占おみくじなるものをやってみる。

吉でした。
その頃にはすでに汗だく・・・。暑いので散策もそこそこに着替えました。

貴船を出発し、鹿苑寺金閣へ。

多分小学校の修学旅行ぶり。相変わらずきんぴかで眩しいお姿。

お次は下鴨神社へ。

入り口から鳥居までが長すぎる・・・。
緑が生い茂って一見涼しそうなのに、全然涼しくない。さすが京都。

近くの加茂みたらし茶屋で、みたらし団子を食べました。

みたらし団子発祥のところだとかで。
これがサイコーにうまい!!

暑い1日でしたが川床は涼しく、日本の夏ならでは雰囲気を楽しめてとてもよかったです。
SELECT ITEM